GOOD SMILE インプラント治療始めました

GOOD SMILE インプラント治療始めました

こんにちは☺

山梨では気持ちの良い秋晴れが続きますね(^^♪

歯科・矯正歯科GOOD SMILEはこんなすがすがしい天気にも負けず劣らずの明るさで頑張っております(^^)/

先日GOOD SMILEではインプラント治療が行われました☺

皆さまはインプラント治療をご存じでしょうか?ひょっとしたら良くないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません…

現在のインプラント治療の原点とは…1952年にスウェーデンの学者であるペル・イングヴァール・ブローネマルク教授(1929年~)がウサギの骨にチタンを埋め込みそして強固につながる事を偶然発見するところから始まります。この結合の作用機序をオステオインテグレーションと名付けました。また基礎研究を進めるなかで、チタンは身体に対して有害な作用を及ぼしにくい特性があることもわかりました。

多くの研究を経て、1965年にスクリュー型(ネジのような形)のチタン製インプラント体を用いて、ヒトへの臨床応用が開始されました。オッセオインテグレーションの概念に基づいたインプラント治療は、成功率を飛躍的に向上させ、1980年ごろにはその評価が世界的に広まりました。以降、失った歯を補う方法の一つとして、世界中の歯科治療で取り入れられています。

インプラント治療では術前のレントゲンによる診査・治療計画の立案・精密検査が最も重要になっております。

歯科・矯正歯科 GOOD SMILEでは日本口腔インプラント学会専門医の先生をお招きし、本院常勤の日本歯周病学会認定医と綿密な治療計画のもと施術させていただいております。山梨県の皆さまに安心で快適なインプラント治療を確実に提供できるよう日々努力を重ねております。

もしインプラント治療でお悩みならぜひ一度GOOD SMILEにてご相談ください。

インプラント治療のご相談ならアルプス通り沿いの歯科・矯正歯科GOOD SMILEへ(^^♪

お電話お待ちしております♪

 

 

 

トップへ戻る